Search
Search Menu

ダイヤモンド買取価値が存在している本当の理由

ダイヤモンド買取して欲しいと思う人たちが多くいます。まさに、ダイヤモンドにこそ、大きな価値があるとみなさんが既に思って期待していることでしょう。

果たして、ダイヤモンドには、なんでそのような価値が存在しているのでしょうか。

ダイヤモンドの価値

ダイヤモンドの価値は、希少価値という意味もあるかもしれませんが、おおかた、価値がコントロールされていると言っていいでしょう。

多くの人たちは、ダイヤモンドは数が少ないから価値があるという考えをすんなり受けとめてもいるでしょう。決して間違いということではありませんが、ダイヤモンドは実際にはそれ程希少価値がそなわっているものではありません。

まだまだ、ダイヤモンドは採掘可能であり、逆に採掘技術が進歩すれば、ときとして値崩れも起こすはずですが、ダイヤモンドに対しては値崩れ自体もありません。

それは、値崩れを起こさないようにコントロールされていると考えることが妥当でしょう。

南アフリカのデビアス社

莫大な資本投下や採掘技術の進歩で大幅に増加してしまうことで、ダイヤモンドの価値自体、どんどん低下してしまうことも起こるでしょう。

ダイヤモンドの危機を救おうとしたのは、 南アフリカのデビアス社という企業です。ダイヤモンドの価値がどんどん低下していくのなら、価値は意図的に維持しなければならないと考えます。

そこで彼らは生産量に伴ってダイヤモンドが多く売れるように戦略を立案します。

ダイヤモンドはいろいろ存在している宝石の中でも一番買い価格が高いモノという一般的認識がありますが、そのような企業の存在がなければ、ダイヤモンドが一番という認識自体、私達の中に生まれなかったのかもしれません。

ダイヤモンドの価値を温存するため

ダイヤモンドの価値を温存するため、まず過剰なダイヤモンドの生産が起きないように生産調整を行う必要があります。

そのため、生産されたダイヤモンドを全部買い取ってしまい、 ここで販売することで、価格の乱れがおこらないようにコントロールします。

ただ単に、そのようなコントロールの調整だけでなく、「ダイヤモンドは永遠の輝き」というコピーも、ここで誕生することになります。

「ダイヤモンドは永遠の輝き」というコピーがそもそも存在しなければ、ダイヤモンドは美しいのかもしれませんが、他の宝石だって充分美しく、ダイヤモンドよりもこの宝石が美しいという人たちも当然多くいたことでしょう。

ダイヤモンドの買取ならグリーバー

ダイヤモンド買取して欲しい そもそもダイヤモンドとはどのような宝石なのか

ダイヤモンド買取をして欲しいと思っている人たちは、どのような点を注意しなければならないのでしょうか。

同じダイヤモンドは存在しない……

ダイヤモンドって、金ともプラチナとも違う存在です。ダイヤモンドには、同じモノは存在しないという理解のされ方がしています。

鑑定書に同じカラット数で同じグレードが記載されるかもしれませんが、 色の微妙な違い、内包物の大きさや特徴、その他の特徴には違いがあり、それを見る買取業者によって、価格の違いも出てきてしまうでしょう。

とにかくダイヤモンド買取の価格を判断するということは、ラット数、グレードを参考にはするものの、最終的判断は、石ごとに対してのそれぞれの査定の判断ということが出来ます。

経済情勢が変われば価格は変わるもの

そしてダイヤモンド買取は、経済情勢が変われば価格は変わるものという理解が必要になってくるでしょう。

ダイヤモンドは、大きなダイヤモンドほど、為替の影響も大きく受けてしまうことになります。

同じダイヤモンドであっても、取引する時期が数年変わってしまうだけでも価格は大きく変わってしまうことがあります。

ですから、そのようなことを考えると、ダイヤモンド買取の場合、市場全体がどうなのかを把握する必要があり、動向を踏まえて、 取引時期に応じて検討していくことも必要でしょう。

個人個人の取引ごとに決定されていく

更に、ダイヤモンド買取の場合、個人個人の取引ごとに決定されていくので、その買取価格は、客観的データだけでも完全に把握出来たという言うことが出来ません。

ですからみなさんがダイヤモンド買取で絶対に後悔したくないという時には、出来るだけ多くの情報収集をするモチベーションが正しいでしょう。

専門家からもいろいろアドバイスを受けることで、正しいダイヤモンド買取額の判断も段々と出来るようになってくるのではないでしょうか。

一生懸命お店探し

そして、ダイヤモンド買取に対して、何よりも大事なのはダイヤモンド買取価格に対して、自分自身なり一生懸命検討していくことです。

ただ、みなさんが安易な姿勢で、ダイヤモンド買取ショップを一店舗見つけたからここに買取してもらおうという姿勢では、なかなか期待の買取価格は提示してもらうことが出来ないかもしれません。

ダイヤモンド買取の場合、いろいろな買取業者をあたり、出来るだけ複数査定してもらうことで、期待値に届く買取価格も実現することが出来るのではないでしょうか。

ダイヤモンド買取 高額を期待したい

ダイヤモンド買取をして欲しいと思っている人たちも多いのではないでしょうか。あなたのダイヤモンドを高く買取してもらうために、相場についてもしっかり理解する必要があります。

ダイヤモンド買取の相場とは

ダイヤモンド買取の上で大事な目安は相場です。相場について頭の中に入れておけば、査定時適当な買取価格がついているか依頼する人たちもある程度判断目安にすることが出来ます。

ダイヤモンドの相場は、 「4C」で決定されるということも買取して欲しいと思っている人たちが知らなければならない知識です。

つまり、ダイヤモンドの価値は、・カット・カラット・カラー・クラリティで判断されることになります。

4Cとはこの4つのことです。

相場が高くなりやすいダイヤモンドの特徴

相場が高くなりやすいダイヤモンドの特徴は、4Cのグレードの高さです。ただし、4Cのグレードのバランスがどれも最高レベルというダイヤモンドもなかなかないといいます。

ダイヤモンド買取業者は、どのようなものに妥協して、それでも高い買取価格を出してもいいと思っているのでしょうか。

それが、相場が高くなる傾向であり、重量が重く優れたカットを施されており、無色で透明度の高いダイヤモンドのことです。

ブランドのダイヤモンドかどうかということも、買取の大事なポイントにすることが出来ます。

買取業者が求めているブランドのダイヤモンドをお持ちならあなたが想像している以上の高い買取価格がつく可能性も。

ダイヤモンド買取は、結構リングやネックレスなど「ジュエリー」として取引されるケースが多くあります。 そのような意味でもダイヤモンド買取は、ジュエリーとしての価値が見られているという言い方も出来るでしょう。

買取業者は、ハリーウィンストンやティファニーというものに対して、現在積極的に買取したいと思っています。

鑑定書も重要

実際にダイヤモンドの詳しいことは、専門の鑑定士が見極めていきます。それをすれば鑑定書をもらうことが出来ます。宝石のジャンルで鑑定書をもらうことが出来るのは、ダイヤモンドだけなのです。

ですからダイヤモンド買取の場合は、結構、鑑定書をもっている、もっていないで買取価格も随分変わって来てしまうようです。

ただし、鑑定書がなくても、ダイヤモンド買取はすることが出来ます。そのあたりのことも買取ショップにあらかじめ確認しておきましょう。

ダイヤモンド買取 メレダイヤ 色石 カラーダイヤとは

メレダイヤ、色石、カラーダイヤモンドなどいま買取して欲しいと思っている人たちもいらっしゃることでしょう。

メレダイヤ、色石、カラーダイヤモンドの買取

メレダイヤは小さなダイヤモンドという意味です。フランス語でmeleは小さいという意味合いです。0.03カラット以下、0.2カラット以下の小さいダイヤモンドに対してメレダイヤという言い方をします。

一般的にはダイヤモンドは粒がある程度大きいモノをイメージしてしまうかもしれませんが、メレダイヤとは、そのようなダイヤモンドのことではなく、 メインの石の周囲にアクセントとしてあしらうために使用されたりするもののことをいいます。

メレダイヤをパヴェセッティングで敷き詰めたりし、ジュエリー自体を華やかにするために存在しています

カラーダイヤモンドとは?

カラーダイヤモンドとは、ブルーにピンク、レッドやグリーンと言った色のあるダイヤモンドのことを言います。

一般的には、ダイヤモンドは、無職透明なものに対して、高い買取価格を期待することが出来ます。

カラーダイヤモンドは、色あいの違いによって、 「ブルーダイヤモンド」「ピンクダイヤモンド」と呼ばれることもあります。

しかし、「ブルーダイヤモンド」「ピンクダイヤモンド」と言ったダイヤモンドは、 発見される確率は、普通のダイヤモンドよりも低く、ある意味では、そのようなカラーダイヤモンドのほうが価値が存在しているのでという見方をしている人たちもいます。

ですから、カラーダイヤモンドでも、個体によっては、高い買取価格がつくことがあります。 カナリーイエローやグリーンも結構、最近では人気があり、需要が存在していると言っていいでしょう。

色石とは?

色石を買取して欲しいと思っている人たちもいるかもしれないですよね。色石とは、ルビーやサファイヤ、エメラルドにガーネットなど無色透明ではなく、かつダイヤモンド以外の宝石のことです。

買取価格が一番高いのは、やっぱりダイヤモンドと言っていいでしょう。ダイヤモンド市場は比較的基準がしっかりしているようですが、色石に対しては、 品質評価基準は明確に整っていないとも言えます。

しかし、そこにニーズが存在していないということではなく、宝石として古くから愛されて来た歴史もあります。

近年ではルビー、エメラルドなどの産出量が大幅に減少し、ダイヤモンドをも凌いでしまう稀少性のある色石もあります

ダイヤモンドジュエリーを買取して欲しい

時計やジュエリーにダイヤモンドがついていることがあり、それを買取して欲しいという人たちもいらっしゃることでしょう。

ダイヤモンド買取に自信を持っている買取ショップもあります。そのような買いショップを探して依頼するべきでしょう。

そのようなタイプのダイヤモンドは、安易に買取ショップに買取依頼をしても価格はそれ程期待出来ないことがあります。

ダイヤモンド買取には大きな違いが

ダイヤモンド買取を、A社に査定してもらえば475,000円、しかし、B社なら760,000円という価格に。

しかし、まだまだ満足の段階ではありません。C社にダイヤモンド買取を依頼すれば、855,000円という最高値の買取価格が。

そのような意味でも、ダイヤモンドはどこに買取してもらうのかの選択が大きなポイントです

ダイヤモンド高額買取の理由

世界中で流通しているダイヤモンドの価値の基準はGIA(米国宝石学協会)に準じており、ダイヤモンドの高額査定はGIA(米国宝石学協会)が発行しているGG資格がとても重要とされています。

もしも高い買取をしてくれるお店を見付けたいというのなら、GG資格を持つスタッフがいる買取ショップがいいでしょう。しっかりダイヤモンドを鑑定してくれるから、確かな査定をしてもらうことが出来ます。

更に世界のルースの相場を元にして、「需要」「供給」を加味し、販売価格を想定している買取ショップなら、確かな高額買取を実現することが出来るでしょう。

つまり、そのような業者が優良買取業者です。

ダイヤモンドジュエリーもお任せ

ダイヤモンドジュエリーや、時計のダイヤモンドを買取して欲しいという時には、いささか不安もあるかもしれないですよね。

しかし、どんなダイヤモンドでも積極的に買取してくれるようなお店はあります。

ジュエリーについているダイヤモンドにももちろん価値が存在していることは、お客様一人一人が自覚していることでしょう。

しかし、それに対して、それ程評価してくれないお店もあります。そんなお店に決して依頼するべきではありません。

プロフェッショナルのいるダイヤモンド買取業者なら、ダイヤモンドも、地金も、両方をしっかり査定して正しい価格をつけてくれるでしょう。

いかがでしょうか。どうしてあなたのダイヤモンドの時計、ジュエリーが高く買取してもらうことが出来るかといえば、業者があなたのダイヤモンドを正しく査定しているからに過ぎないのではないでしょうか。

ダイヤモンドの買取ならグリーバー